とうとうマネオで延滞案件が発生した模様 逆風が吹いている



マネオのトップページに通知されてますがね

延滞が発生した模様

2015年の案件で、元々担保も保証もない案件のようだ

しかし、マネオは独自に策を取っていた


偉いね、マネオは

第2位の抵当権をつけていたというね

担保と呼ぶには全額を担保するとは言い難いから告知しなかったと

本来なら無担保、無保証案件だから投資家は大損するはずなんだけれどある程度は回収できるということだ

ソーシャルレンディングだからこう言ったリスクは当然あるわけで、いくら元本戻るかとかわからないけど対応としてはマネオは投資家想いだという印象を受けた

かと言って損はしたいわけではないけれど

個別の案件は仕方ない

タイミングがソーシャルレンディング界にはよくないかな

仕方ないけど




0 件のコメント :

コメントを投稿