証取監視委、みんなのクレジットの行政処分を勧告 2017/3/24 16:21

 証券取引等監視委員会は24日、金融商品取引法に基づき、みんなのクレジット(東京・渋谷)を行政処分するよう金融庁に勧告した。同社はインターネットを通じて個人投資家によるベンチャー企業などへの小口融資を仲介する「ソーシャルレンディング」を手掛けている。みんなのクレジットは実際の貸付先が親会社とグループ会社へ集中しているなど、出資者への説明に誤解を招く表記があった。
 監視委によると、同社は組成したファンドの償還資金や貸付先の親会社の債務超過状態を解消するための増資資金などにも出資金を充てており、投資家保護の観点でも問題が認められたという。また、親会社の貸借対照表上では短期借入金が流動資産を大きく上回っている状況だといい、今後ファンドからの貸付金の返済が滞る可能性が高いと指摘している。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

引用は日経新聞社。
自分は今の所LCレンディングとGMOのマネオと提携したソーシャルレンディングにしか投資はしていないので問題ないんだけれど、これは悪質な感じ。
監視委のウェブサイトを読んだ感じだと、貸付先を虚偽表示して自社グループ会社に融資しているとのことで、それは虚偽記載はしていないけれど他社もしているスキームなのでふーんと読んでいた。
もっと驚いたのがそのグループ会社に貸し付けたお金を社長の口座や社長に対する債権者に振り込んでいたという事実。
要するに社長個人の借金の返済に充てられていたわけだ
貸付金の返済が滞る可能性が高いと記事で書いてあるが、要するにこの行政処分で壮大なキャッシュバックキャンペーンをしてまで自転車操業をしていたのが止まるだろう
キャッシュバックの原資も利回りの原資もキャンペーンで集めていたお金が原資なのだから
安愚楽牧場を思い出すが、自分的には悪質さはこっちの方が上に見える

正直自分も高額アフィリエイトや高額キャンペーンに釣られそうになりここに投資しようと考えたこともありました。
なので、投資した人をバカだとも思えないしこういうのは騙す側が100対0で悪いと個人的には思うので。
自分が投資しなかった理由は社長の名前でグーグル検索して何か違和感感じたのは覚えている
おそらく株式投資で投資する際に会社概要やら社長の顔、HPの作りや社長や役員が腕組んでないかとかいちいち調べて投資するか考えているからだと思う笑
それで何か違和感を感じたのかなぁ
そうは言っても明日は我が身
LCレンディングがそうならないとも限らないわけで、久しぶりにまた投資はやっぱり慎重にしなきゃダメだなと再認識した次第です。
残念なのはITバブルやアベノミクスやそんなこんなで世間の投資熱が高まって来たときに、必ずこういう水を差す企業が出てくる事態ですね。
むしろ投資熱が高い時こそ慎重にといつも思う
投資熱低い時にこんなクソ企業が金集めれないし
おっと、言葉を間違えた。こんな悪質な企業。

0 件のコメント :

コメントを投稿